2021年8月の星空情報


★2021年 8月の星空情報

南東の空で、特に明るく輝いて見える星が木星です。木星の西側には、土星も明るく見えています。頭の上近くには、明るい星3 つを結んでできる夏の大三角が見つかります。こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。ベガはおりひめ星、アルタイルはひこ星で、2つの星の間には天の川がぼんやりと帯状の雲のように見えます。月明かりのない夜、空の暗い場所で見ることができます。
8月13日を中心として、ペルセウス座流星群が活動し、流れ星をたくさん見るチャンスです。この流星群は三大流星群のひとつです。今年は、月明かりの影響もなく、最高の観察条件です。13 日未明には、一時間当たり60 個ほどの流れ星を見られるでしょう。空の暗いところで観察しましょう。

★ ぜひ探してほしい星たち

木星 太陽系最大の惑星です。へびつかい座の足もと付近でひときわ明るく輝いています。望遠鏡では、表面の縞模様や、木星の衛星も見ることができます。
土星 リングのある惑星です。肉眼では一等星ほどの明るさで輝いて見えます。
ベガ こと座の一等星で、夏の大三角の1つです。北東の空で白く、明るく輝きます。
夏の大三角 こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブでできる三角形です。

★8月の天文現象とこよみ

1~7日 スターウイーク 星を見る週間です。今年の標語は「星空と、夜更かししよう」。
2日 土星が衝 土星がいよいよ観察シーズンになります。
7日 立秋
(りっしゅう)
二十四節気の一つで「朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ頃」とされます。
8日 山の日 国民の祝日です。
8日 新月 月明かりのない夜です。
13日 ペルセウス座流星群がピーク 三大流星群のひとつです。今年は、最高の観察条件です。
14日 旧暦 七夕 伝統的七夕の日です。
16日 上弦の月 日没の頃、南の空で半月が輝きます。
20日 木星が衝 木星がいよいよ観察シーズンになります。
22日 満月 月の明るい夜です。
23日 処暑(しょしょ) 二十四節気の一つで、「暑さが和らぐころ」です。
30日 下弦の月 夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。

★惑星
・ 水星は、月初に太陽の方向で観察に適しません。月末には夕方の低空です。明るさは-2.1~-0.1等級です。
・ 金星は、宵の明星として、どの星よりも圧倒的な明るさで輝きます。観察の好期です明るさは-3.9~-4.0等級です。
・ 火星は、日没以後の西の低空で、さらに太陽に近づき観察しづらくなります。明るさは1.8等級です。
・ 木星は、8月20日に衝となり観察の好期です。明るさは-2.7~-2.7等級です。
・ 土星は、木星に先立って8月2日に衝となり、いよいよ観察シーズンです。明るさは0.2~0.3等級です。