2021年12月の星空情報


★2021年 12月の星空情報

今年も最後となる12 月、日没直後に金星がもっとも目立ちます。金星は中旬以降は急速に低空になって観察しづらくなります。

西は秋の星座,東は冬の星座が夜空を二分しています。おうし座にある すばる(M45 星団)は、全天でも代表的な散開星団です。さらに、頭上のアンドロメダ座にある大銀河(M31 銀河)は、空の暗いところでは、肉眼でも存在が分かります。22 日は冬至で夜が最も長くなり、この日以降は昼の長さが長くなり始めます。

年間最大の流星群 ふたご座流星群 が14 日にピークとなります。今年は上弦の月明かりが邪魔をするため、月没後の未明から明け方が観察しやすくなります。

★ ぜひ探してほしい星たち

金星 日没直後の西の低空で、金星が宵の明星としてどの星よりも圧倒的に明るく輝きます。12 月中旬までが観察の好期です。
カシオペヤ座 北の空で「W」の形に星が並んでいるところで、北極星を見つける目印になる星座です。
すばる(M45) おうし座の肩のあたりにある星団です。肉眼で6 ~ 7 個の星が集まってみえる場所です。
カペラ ぎょしゃ座の一等星で、北東の空高くで、明るく輝いています。冬の星座たちの中で最初に顔を出す一等星です。

★12月の天文現象とこよみ

4日 金星が最大光度 宵の明星として金星が最も明るくなります。
4日 新月 月明かりのない夜です。
7日 大雪(たいせつ) 雪がいよいよ降り積もってくるころです。
11日 上弦の月 半月が夕空の南の空に輝きます。
14日 ふたご座流星群がピーク 今年のふたご座流星群は、上弦過ぎの月があり観察の邪魔をします。月の沈んだ後の、14日未明と15 日未明には、多くの流れ星が期待できます。
19日 満月 月の明るい夜です。
22日 冬至(とうじ) 昼の時間が一年で最も短くなります。
27日 下弦の月 夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。
31日 大晦日

★惑星
・ 水星は、太陽の方向に近く観察に適しません。
・ 金星は、宵の明星として夕方の南西の空。月末には見づらくなります。-4.9~-4.3等級です。
・ 火星は、日の出前に南西の空から上ります。明るさは1.6~1.5等級です。
・ 木星は、日没後の南西の低空です。そろそろ見納めです。明るさは-2.1~-2.0等級です。
・ 土星も、日没後の南西の空かなり低く観察に適しません。

資料のダウンロード


TOP
%d