2021年 5月の星空情報


★2021年 5月の星空情報

北の空を見上げると、7つの星がひしゃくの形に並んだ北斗七星が輝いています。北斗七星のひしゃくの持ち手をカーブにそって南へのばすと、オレンジ色に明るく輝くうしかい座の1等星アルクトゥルス、その先に、おとめ座の一等星スピカがあります。さらにカーブを南へのばすと、4つの暗い星が台形に並んだところがみつかります。これがからす座です。北斗七星から続くこのカーブを春の大曲線といいます。また、アルクトゥルス、スピカと、しし座の2等星デネボラを結んでできる三角を春の大三角とよびます。

★ ぜひ探してほしい星たち

北斗七星 北の空、7つの星がひしゃくの形に並んでいます。
春の大三角 しし座のデネボラ、うしかい座のアークトゥルス、おとめ座のスピカでできる三角形です。
アークトゥルス うしかい座の一等星です。頭の上近く、オレンジ色に輝きます。麦の収穫時期に天高く輝くことから「麦星」とも呼ばれます。
スピカ おとめ座の一等星です。南の空で白っぽく輝きます。その美しい輝きから「真珠星」と呼ばれます。

★ 5月の天文現象とこよみ

1日 八十八夜 立春から数えて88日目です。
3日 憲法記念日 国民の祝日です。
4日 みどりの日 国民の祝日です。
下弦の月 夜明けの頃、南の空で半月が輝きます。
5日 こどもの日 国民の祝日です。
立夏(りっか) 二十四節気の一つで、暦の上ではこの日から夏になります。
6日 みずがめ座η(エータ)流星群がピークのころ 夜明け前、1時間当たり10個程度の出現でしょう。
12日 新月 月明かりのない夜です。
17日 水星が東方最大離角 日没後の西の空で水星を観察する好期です。
21日 小満(しょうまん) 二十四節気の一つで、「草木が成長して茂るころ」です。
上弦の月 日没の頃、南の空で半月が輝きます。
26日 満月・皆既月食 日本で3年ぶりとなる皆既月食が見られます。中心時刻20時19分。星空学習館でも観望会を行います。

★ 惑星

・水星は5月17日東方最大離角となり、この日を中心に日没後の西の低空で観察の好機となります。
・金星は宵の明星として日没後の西の低空ですが、5月中はまだ観察に適しません。明るさは-3.9~-3.8等級です。
・火星は日没後の西の空で、ふたご座にあります。今後はさらに太陽に近づき、観察条件は悪くなります。明るさは1.6~1.7等級です。
・木星は、未明に東の地平線から昇り、明け方までどの星よりも明るく輝きます。明るさは-2.1~-2.3等級です。
・土星は木星に先立って夜半頃に上り、明け方まで南天に観察できます。明るさは0.7~0.6等級です。

資料のダウンロード


TOP
%d